ads.textファイル

 

グーグルアドセンスをやっている皆さん、「ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。」という警告文が管理画面に表示されませんでしたか?

 

↓こんな感じのです
ads.txtファイルが含まれていない

 

この警告ちょっと気になりますよね?

というわけで、ads.txtファイルのアップロードの方法を調べてみました。

 

興味のある方は、ご覧ください!


スポンサードリンク

ads.txtファイルアップロードの手順

今から、ads.txtファイルアップロードの手順を説明します。

私は、WordPress(ワードプレス)を使っていますのでそれを踏まえてお読みください(サーバーはwpXです)

TeraPadでads.txtファイルを作成する

まずは・・・

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

をコピーして、terapadに貼り付けます。

 

→terapadはこちらからダウンロードできます

 

グーグルアドセンス管理画面より、アカウントをクリックしてください

 

サイト運営者IDのpubに続く数字をコピーします
アドセンス

 

terapadに貼り付けた「0000000000000000」の箇所をアドセンス画面からコピーした数字に置き換えます。
ads.textファイル

terapadに保存する時はUTF-8Nで!

ads.txtを保存する際は、文字コードをUTF-8Nで保存してください。
保存のやり方は、以下をご覧ください。

 

「表示」から「オプション」を選択します

 

文字コードのタブを選択し、以下のように設定したらOKをクリックします

 

「ファイル」→「文字/改行コード指定保存」から以下のように設定してデスクトップに保存してください。
ads.txtファイル

 

これで、ads.txtファイルは完成しました。

※ads.txtファイルを閉じてもう一度開くと、文字コードがSHIFT-JISになっていると思いますが、実際はUTF-8Nで保存されています。

メモ帳で保存されてしまう場合は?

terapadで保存したのに、メモ帳で保存されてしまう・・・

そういった場合は、以下の手順を踏んでください。

 

開きたいテキストファイルのアイコンの上で右クリック→プログラムから開く→別のプログラムを選択
terapad 開き方

 

「terapad」を選択→「常にこのアプリを使って.txtファイルを開く」にチェック→OK
terapad 開き方

 

これで次回からtxtファイルは、terapadで開かれます。


スポンサードリンク

wpXの設定

 

wpX管理パネルにログインし、WordPress設定をクリック
wordpress設定

 

FTPアカウント設定より「設定」をクリック
wordpress設定

 

「設定変更」をクリック
wordpress設定

 

以下のように設定し、「設定変更(確認)」をクリック
wordpress設定

 

「設定編集(確定)」をクリック
wordpress設定

.htaccessの設定

 

.htaccessの編集から「編集」をクリック
.htaccessの編集

 

<Files ads.txt>
AddType “text/plain; charset=utf-8” .txt
</Files>

 

上記のコードを.htaccessファイルの先頭に加えてください。
.htaccessの編集

ads.textファイルをFFFTPにアップロード

 

FFFTPをインストールします。

→FFFTPのダウンロードはこちらから

 

インストールしたらFFFTPを開き、「接続」をクリック
ftp接続

 

「新規ホスト」をクリック
ftp接続

 

「ホストの設定名」「ホスト名」「ユーザー名」「パスワード/パスフレーズ」を入力して、「OK」をクリックすると接続されます(入力項目の詳細は下記をご覧ください)
ftp接続

 

ホストの設定名

半角英数字で、自分の好きなような名前をつけてください。

ホスト名

●●●●(サーバーID).wp-x.jp と入力します。
サーバーIDは、WPX管理パネル右上に表示されています。
wpx サーバーID

ユーザー名

ユーザー名は、ドメインを入力してください。
当ブログの場合、ドメインは、wadai-syouhin.xyz となります。

パスワード/パスフレーズ

FTPアカウントのパスワードを入力してください。
パスワードを忘れてしまった場合は、WpX管理パネルのFTPアカウント設定から再設定できます。
ftp パスワード

 

接続できると、以下のような画面が表示されると思います。
FFFTP

 

先程作ったads.textファイルを、デスクトップからドラッグアンドドロップしてアップロードしてください。
FFFTP

 

これでads.textファイルのアップロードは完了しました。

注意点

注意しないといけないのは、「WordPressインストール先直下」のフォルダに接続しないとダメって事ですかね。
ftp

 

WPX管理パネルのFTPアカウント設定より、「全てのファイル・フォルダにアクセスする」にチェックを入れ、やり直してください。
ftp

あとがき

いかがでしたでしょうか?

 

Ads.txtファイルがアップロードできてるかどうかは、下記のサイトからサイトのURLを入力してチェックできます。
Ads.txt 管理

 

↓こうなっていればOKです
ads.txtファイル

 

「ISO-8859-1″ は誤った文字コードです。utf-8で作成してください」

「BOM(byte order mark)が挿入されています。正しく取得できない場合がありますので、削除してください。」

 

といった類のエラーが表示されていると、アドセンス画面からの警告も消えません。

 

terapadでAds.txtファイルを保存するとき、「UTF-8N」になっている事をもう一度確認してください。
※「UTF-8」はBOMが含まれているのでエラーがでると思います。

 

FTPを変更して、ads.txt管理のサイトに反映されるまで30分程度かかるので、注意してください。

 

私の場合、午後10時に修正して、翌日の午後6時くらいにアドセンス画面から警告が消えてました。

 

というわけで、最後までお読みいただきありがとうございました。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事が面白かったら
クリックしてね!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ お取り寄せグルメへ
 

スポンサードリンク